レポート結果が出はじめる。

スクリーンショット 2017-06-23 9.50.26.png

レポートの結果が出てきはじめました。結果が出た4本のうち3本合格、1本不合格でした。

文学系むずかしいですな。。。。

今日、明日はは明後日の 科目習得試験に向けて最終仕上げです。

会場への行き方や持ち物を確認しておこうと思います。

 

試験まで10日切りました。

科目習得試験まで10日切りました。

4科目とも通すのは正直きびしそう。

英米文学概説はもっとじっくり勉強したいので、メディア授業に切り替えてもいいかもだし、次の試験でがんばってもいいかも。

英語学概説に絞ってがんばろうかとおもいます。

具体的には過去問で毎回出題されてるアクセント、Xバー、語の内部構造の樹形図を中心に勉強します。

予定通り、スピーチコミュニケーション1は準備なし、異文化コミュケーション概説は一夜漬けでなんとかしようと思います。

試験対策

IMG_6594.JPG

気がつくとペーターの角が。。。

6月25日の科目習得試験は4科目です。

英語学概説⇒過去問を見ると過去4回は同じパターンの出題です。教科書を全部勉強する時間は残されていないので、過去問から出そうなところを中心に徹底対策します。

英米文学概説⇒教科書を読み込まないと太刀打ちできない問題が多いので、教科書を何度か読みます。

異文化コミュケーション概論⇒常識でもできそうな問題。試験3日前くらいから教科書の用語をチェックするなど短期集中で取り組みます。

スピーチコミュニケーションI⇒作文のみなのであまり対策する必要はなさそうです。

というような方針で望みます。

過去問、届く。

名称未設定.png

水曜日に注文した科目習得試験の問題集が届きました。

代引料、送料込みで1910円也でした。

2〜3年分買おうかとおもったのですが、売っていたのが平成28年度のみでした。

1年に4回試験があるので、4回分の過去問が収録されています。

試験は年に4回あるのですが、4月入学の場合、最初の年は3回しか試験が受けられません。

1回の試験につき4科目の受験ができます。

4単位の科目の必須が2科目、2単位の選択科目が2科目、2単位の教職科目が4科目。

以上で試験で取れる科目がが8/12

最後の試験でその他に8単位とらなくてはなりません。

時間割も固定で、同じ科目は年間を通じて同じ時間目に実施されます。

2単位の科目はレポート1つに、試験1つ。

4単位の科目はレポート2つに、試験1つです。

その他、スクーリングで単位を取る方法もありますが、通える範囲でスクーリングできないのでパス。

メディア授業なるインターネットを通じた授業もあるみたいですが、まだ詳細がわかりません。

6月25日は4科目で試験を受ける予定です。

過去問を見ると、英語学概論が桁違いに難しい感じですが、あとはそうでもないのかも。

まだどれを受講するか決めていない選択科目もありますが、どれにしようか悩みます。

試験を見て簡単そうなのから選ぶか、興味があるものから選ぶか。

試験時間も落としそうな必須科目と同じ時間なのは、必須科目の試験落ちた場合に試験が受けられない可能性があるので避けたいです。

選択科目をどれにするか、ちょっと慎重に考えようと思います。

まあそれよりも、まずは6月25日の試験です!

Report提出、次は試験!

5 月末のReportをなんとか提出しました。

4科目6本。

約2000字x6本です。

なんと、手書き提出です。

手書きにしないと、コピペで出す人続出でしょうね。

WORDで作った文章を手書きで清書しようとすると、ついつい文章を再構成してしまいます。

脳科学に詳しい私のかわいい奥様にいわせると、脳の違う部分を使うので、考えかたがかわって文章を書き直したくなるんだそうです。

「1時間読書したら2時間書きなさい」と言う格言がありますが、文章を書くということはすばらしい知的訓練ですね。

日大の教職コース、Reportやら試験やらさっぱり情報がなくて大変だな、と思っていましたが、昨年度に同じコースを終了されたかたのブログを発見しました。

http://oriental-biscuit.hatenablog.com

試験やらReportやらメディア授業やらいろいろわからない情報が詳しく書かれていて、大変参考にさせてもらっています。

どこのおじさんかわかりませんが、感謝です。

と思ってよく読んでたら若い女の人っぽい。

勝手に自分と同年代の人だと思ってしまってすみません。。。

6月25日に広島で試験を受けます。

4科目の受験です。

過去問があることも上記のブログでわかったので、日大指定らしき本屋さんに注文しました。

場所は水道橋かな?

神保町でバイトしていたので、水道橋から神保町界隈はよく散歩したものです。

安くて量の多い学生向けのお店も多くありました。

天ぷらの「いもや」とかなつかしいですね。

食べ物といえば昔、ある牧師さんがこんな話をしていました。

若い頃は、「どれだけたくさんたべられるか」が大事だった。

それから年をとってくると「何をたべるか」が大事になった。

そしてさらに年をたべると「誰を食べるか」が大事になった。

話をきいたときには(そんなものなのかな)くらいに思っていたし、時々、この言葉を思い出して自分も似たような変化をしてきているようにもおもいますが、いまの私の心境は「全部大事」です。

Ate logo!