復活MacbookPro(mid2010)

前回の続き。

しばらく放置していたらバッテリーが膨張して使えなくなっていたMacbookPro(2010)。

バッテリーの膨張のせいか、トラックパッドとキーボードの一部が壊れ、Bluetoothも使えなくなりました。

バッテリーは新品に交換し、最新のOs Sierraもインストールし、HDDからSSDに変え、キーボードとマウスは外付けにし、無事に使えるようになりました。

SSDは外付けにして、フォーマット、OSのインストール、ソフトウェアと設定の移行をし、それからMacBookProの裏蓋を開けて、HDDを取って、SSDを入れました。

普通のプラスとかマイナスではないドライバーが要りますが、作業はとても簡単でした。

スピードは測定していませんが、体感スピードはかなり早くなりました。

記憶の彼方にある購入当初よりも早い感じです。

あの頃は高校の先生してましたね。

もう一台あるiMacの方もHDDからSSDに換えようかなとも思うのですが、MacBookProと比較するとちょっとiMacは作業が大変そうなのと、SSDの値段がこのところ上がってきているので、またいい時期をみて交換したいと思います。

MacBookPro mid 2010ですが、私の持っている13インチだけはメモリーも16Gバイトまで増設できるみたいですね。

今は8GB積んでいますが、動画編集などするのにはいいと思うけど、そこまでいらないような気もするし。。。

windows機にくらべるとMacは古くなっても使ってる人が周りには多く、愛着もわくので、なかなかすぐに新品に変えたい、という気にもなりません。

MacBookAirとか新しいMacBookProなんかも魅力的ですが、完全にぶっ壊れるまでは今のを使い続けようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中