Diário

2015年5月2日の練習@猫道場

参加者:小田さん、マルコスさん、ジャンさん、高木さん(打撃自主練)、伊藤さん(打撃自主練)、中山

柔術の練習はうちこみを三種類ほどやってから、研究。

マルコスさんがリバースデラヒーバからの股くぐりがうまくいかないというので、ちょっと修正してみました。

スパーは5分とか7分とか。

小田さんと7分と5分、マルコスさんと5分やる。

小田さんにまたしても立ち技スタートで挑む。

一回目はメチャクチャに投げられる。二回目は一回目ほどは投げられませんでした。。。

以前はけっこう立ち技を練習していた時期もあったのですが、最近はほとんどやっていませんので、またやりたいとおもいます。

マルコスさんには謎の技でせめられつづけて、謎の関節技を決められる。どこのポジションからでも決め技がでるのはすごいなぁ。

ブラジリアン柔術では「知らない技はかかる」とよくいわれています。

私も白帯のときに青帯の人にそういわれましたが、確かにその後、自分よりも上級者から一本とったりするときは知らない技をかけたときということが多くありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中