ARMLOCK

ポルトガル語では腕ひしぎ十字固めのことを「アームロッキ」と呼ぶのが一般的かなとおもいます。

最近、スパーリングしていてあとすこしで腕十字をとられそうだなとおもうけれど、もうちょっとでとれない人が多いようにおもいます。

私の腕は短いので関節技を取りづらいのかもしれませんが。

そういえばイギリスにいたころは「君の腕は短すぎて極められない」といわれました。

ずんぐりむっくり系の人が柔術の上達がはやいといわれているのは、こういった極めづらさも理由の一つにあるかもですね。

今日の練習では腕ひしぎ十字固めの決め方のコツみたいな話をしたいとおもいます。

でも、ルーカスレプリもきになるな〜

最近はテクニックDVDを見るよりも試合の映像を見て研究するほうが個人的にはおもしろいとおもうので、youtubeでちょろちょろ試合映像をみています。

去年の世界大会のvsサトシもすごかったですが、先日のWPJJCでも上からのきびしい攻めがすごいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中