chuva

“IF YOU ONLY WALK ON SUNNY DAYS YOU’LL NEVER REACH YOUR DESTINATION” – PAULO COELHO

パウロコエーリョはブラジルの小説家。

コパカバーナにすんでいたとき、けっこう近くに家がありました。

あと、カーニバル会場でもスーパーモデルみたいな美女をたくさんはべらしてVIP席にいらっしゃるのをみかけました。

まあ、そんなことよりも、冒頭の言葉。

「晴れの日にだけ歩いていたら、目的地にはたどりつかないよ。」

近所の90近いおじいさんが雨の中かっぱを着て作業されていました。

戦争にいかれていた年代のかたですが、雨の日でも晴の日でも毎日そとに出て農作業やら庭仕事をされています。

体力が落ちて山を歩けなくなったと猟師を引退されていますが、まだまだ私よりもずっとお元気な様子です。

自分が何をもとめてどこに向かっているのか、こんな雨の日にはよく考えます。

さて。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中