KINTORE

柔術をはじめてからウェイトトレーニングとかその他の補強とかはあまりやらなくなり、結果、筋肉が落ちすぎてケガしやすくなる。

というようなことはよくあるような気がします。

私も柔術を始める前はウェイトトレーニングをがんがんやっていて、ベンチも100kgくらいでやっていました。

マックスはもっとありました。120〜130kgはあげていました。

ウェイトトレーニングは格闘技で使うような体の使い方とはかなり関係ない種類の運動だと思い、きっぱりやめました。

ウェイトトレーニングをはじめる前は電気、水道、ガスの無い離島生活で素潜りをしたり、ヤシの木にのぼったりおりたりするのが日常生活でありトレーニング方法でした。一日中海に入っていたらさすがに体が悲鳴をあげて自己流でヨガもやってました。

わかかったこともありますが、あの頃は体力がはんぱなかったですね。素潜りも2分くらいはできました。

年齢があがるとともにケガをしやすくなるようになり、ウェイトトレーニング以外にいろいろと試してみました。

イランでお世話になったいた柔道の先生が「木村先生は腕立てふせを毎日1000回やっていた」とおっしゃっていたので、一時はうでたてふせを一日千回やろうとおもってがんばってた時期もありましたが、1000回は断念しました。

思い出したのでまたやろうかな。。。

普通に自宅で補強をやるとしたら回数の多い腕たてふせ、綱のぼり、懸垂、ケトルベルなどがいいようにおもいます。

大賀先生も近年は筋トレをやっておられるそうです。

http://letsbjj.jugem.jp/?eid=71

どうしてもヘーシンクみたいに山から木を伐りだして運びたいという方はナカヤマまで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中