força e linguagem do corpo

昨日はすみませんでした。

妻は調子がまだちょっと悪いのですが、娘は大丈夫そうです。

引き続き、作業をしながらTEDを聞いています。

興味深かったのはボディーランゲージの話。

https://www.youtube.com/watch?v=flQwXztDdfA

丸くなったり、首に手をあてたりするのは心理学的にはとても弱気な状態なんだそうです。

柔術の試合だと構えはそんな感じですよね。

対照的に手をひろげたり、ガッツポーズをとったり広がっている状態というのは心理的にとても強い状態なんだそうです。

心の状態がボディランゲージにあらわれるるのですが、逆にボディランゲージが心を強くすることもあるそうです。

面接の前に手足を広げて胸をはった構えでいると気持ちも大きくなるんだそうです。

この話をきいて東京オリンピックのヘーシンク選手の構えを思い出しました。

みるからに強そうですね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中