Diário 2014/09/23

2014年9月23日の練習@猫道場参加者:マルコスさん、藤井さん、小田さん、安田さん、吉井さん、元上さん、長岡さん、安田さん、澄田さん、高木さん、ジャンさん、エメルソンさん、エルマーニャさん、ジャックスさん(見学)、ステファニーさん(見学)、中山

突然、澄田さんがいらしてびっくり!最近は柔道整復師の国家試験に向けての勉強がいそがしくてあまり練習はされてないそうですが、勉強がすごく楽しいそうです。

わたしも人体について本格的に勉強したいなと常々おもってはいるのですが。。。。

昔の5000円札で有名な新渡戸稲造さんも「武士道」の中で、柔術とは解剖学的な知識を応用したもの。。。みたいな感じで紹介しておられました。

江戸時代の柔術家といえば骨接ぎさんとしての活動もあって、明治になって柔術がすたれはじめてから、嘉納治五郎さんもそういった骨接ぎさんを探して柔術をならってたとかきいたことがあります。

さて、練習なのですが、まずはカポエイラ。

10603320_10203756387323408_9203981851325075364_n

今日は先々週にやったことの復習的な感じ。

後ろ回し蹴りをやってみたらマルコスさんにその蹴りは違う蹴り方で別の技だといわれる。

昔、テコンドーをやっていた韓国の留学生のともだちに教えてもらった技がでたみたいです。

後ろ回し蹴りやらかかと落としやらいろいろと教えてもらってたなー懐かしい。

学生だったころはまわりに韓国の留学生のともだちがいっぱいいました。韓国以外にもインドネシアとかいろんな国のひとがいましたねー。

バイトがいっしょだった人にもすごいテコンドーがめちゃくちゃ強いひとがいましたが、家では奥さんの尻に完全にしかれていて毎日家事をやらされていて大変だといってたのをおもいだしました。

すごい謙虚で控えめなかんじの人でしたが、自分がしってるかぎりものすごく強い人は結構そういったおだやかな感じの人がおおいような印象です。

柔術はテクニックをやるまえに、先日の愛知県でおきた死亡事故を踏まえて絞め技で落ちた時の対策をやりました。

叩いたりすると頸椎の損傷などがあった場合に非常にあぶないので、足をもってもちあげるのがいいとおもいます。

ちょうど澄田さんがいらしたので少し専門的に解説してもらいました。

テクニックはデラヒーバ。

マルコスさんがばっくとりを紹介してくださったので、それを踏まえて基本的なことをやりました。

先日、youtubeのBJJ Hacksというチャンネルにデラヒーバ先生自らがデラヒーバガードについて解説してるビデオがアップされていました。

一応、直弟子にもかかわらず結構しらないことばっかりで目からウロコが落ちまくりでした。

テクニックのあとはスパーリングを5分でまわしました。

ジャンさん、吉井さん、高木さん、マルコスさんと。

今日もマルコスさんが腕十字をかけてきたのでなんとかしのぐ。

あとから研究してたら自分がしらないタイプの腕十字でした。スパイラルアームバーににてるような。。。似てないような。とにかくぜんぜんしらない技術でした。

勉強になるなー。

練習後は記念撮影やらおしゃべりやら研究やらで楽しく過ごしました。

10月5日の広島平和杯には誰か出場されませんでしょうか?

松江からは2名出場されるそうです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中