Diário 2014/03/11

2014年3月11日の練習@猫道場

参加者:藤井さん、小田さん、長岡さん、和泉さん、マイクさん、肥後さん、ジャンさん、本郷さん、伊藤さん、中山

カポエイラはマルコス先生が捻挫のため本日は自主練。ジンガをやって、ホーダ?というか、まるくなって代わる代わる入って自由に攻防するのをやりました。

柔術は3分間自由打ち込みやってから、テクニック。

今日はシッティングガード/バタフライガード

テクニックは、、、、なんか沢山やりましたね。
・クローズドガードからのバタフライガードの作り方
・ファビオスイープ
・Xガードからのアンバランススイープ
・シッティングガードに対するオーバーアンダーパス
・パスした後の近い方の腕、遠い方の腕に対する腕十字

http://thejiujitsulab.wordpress.com/2011/04/23/marcelo-garcia—sweeps-part-i/

肥後さんにシッティングガードとバタフライガードの違いについて教えてもらう。

相手に接近してフックが入っているとバタフライガード、離れているとシッティングガードみたいですね。

いままで区別してませんでした。。。。

まずクローズドガード、片袖片襟ガードから脇を差してバタフライガードに移行する方法をやりました。そこからのフックスイープ(ファビオ)とあわせて。

ガードをあけてフックを差し込むときにエビをして後ろに下がって相手との距離をつくってしまうとコントロールが効かなくなります。

バタフライガードのときは相手の顔の横に自分の顔がくるようにしましょうとデラヒーバ先生に教えてもらったのを思い出しました。

もしくは相手が大きいとき等は相手の顎の下に自分の頭を入れるというのもいいかと思います。

ガードポジションにもいろいろとありますが、シッティングガード/バタフライガードはどちらかというと手足短い人向けの技です。

シッティングガードを防がれて相手が膝をたててきたときに脚をすくってXガードに移行、Xガードからのアンバランススイープもやりました。

Xガードも私みたいな胴長短足の人向けですね。

試しにジャンさんに私に対してXガードをかけてもらいましたが、ものすごくやりにくそうでした。

手脚が長い人はリーチを効かせられるスパイダーガードとかがいいと思います。

それから肥後さんの質問に答えてシッティングガードに対するオーバーアンダーパス(脇差しパス)

パスした後は崩れ袈裟固めになるのでそこから近い方の腕、遠い方の腕両方とも腕十字がとれます。

テクニックの後は限定スパー、同じペアで3分交代で、バタフライガード、崩れ袈裟固とやりました。

伊藤さんと崩袈裟固をやりましたが、もう押さえ込まれた瞬間に悶絶しそうになるくらい強烈でした。

最後に5分でスパー。

ジャンさん、マイクさん、伊藤さんとやる。

ジャンさんは相変わらず強い。50/50に入ったけどなかなか攻略できず。

マイクさんはおひさしぶりでしたが、すごく上手くなっていてびっくり。試合でだいぶいろいろと得るものがあったのではないでしょうか。

最後に伊藤さんとやる。伊藤さんとやるとあいかわず拷問みたいに苦しい。いつもおもうのですが、やっぱりもって生まれた身体能力というか体の強さというかが根本的に桁違いのような気がします。

あの震災から3年でしたね。仕事中に黙祷されたかたも多かったみたいです。

私は山の中なので特にサイレンなども聞こえず気がつくともうあの時間をすぎていました。

3年前の震災のときはまだ高校で教えていて、ちょうど授業中でしたが、さっぱり揺れ等は感じませんでした。

職員室につくと他の先生方がテレビを見ていてびっくり。ちょうど津波が来ていて衝撃的な映像でした。。。

震災後、ゴールデンウィークになってから南相馬にボランティアにいきましたが、あのときの光景はわすれられません。

あれから3年たちましたが、あの場所はどうなってるのでしょう。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中