技を全て覚える必要があるか?

ブラジリアン柔術は技が多すぎて覚えられない、あるいは、習った技をぜんぶ覚えるのはとても大変だ、というような悩みを相談されることがときどきあります。

正直なところブラジリアン柔術にいったいいくつの技があるのかわかりません。

個人的な意見ですが、自分が攻撃する技に関しては自分が使うものさえ分かっていればよいと思います。

反面、防御に関してはなるべく様々な技に対しての防御方法を知っていたほうがよいと思います。

最新技は使わなくてもいいと思いますが、防御を知っていたほうがいいでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=9kn6lc526S0

ブラジリアン柔術をはじめたばかりのころだいぶ私よりも上級者であった練習仲間から「知らない技はかかる」といわれました。

実際に柔術じゃないところからもってきた技や自分が開発したオリジナルの技をつかってみたら上級者にも結構かかりました。

攻撃に関しては何か得意技をひとつ見つけて、その技へと繋ぐ展開や、その技を防がれたりしたときにかける技なんかを考えてみるといいのではないでようか。

特に、得意なガードポジションと、そこからの極め技を一つ覚えるといいと思います。

私の場合、逆組の型袖型襟ガードからのスイープとか、十字絞めとかが最初のころの得意技だったように思います。

現在はもっとイロイロな技を使っていますが、すこしづつ使える技を増やしていきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中