麻製の柔術衣について

先日、麻製の道着について質問がありましたので、わかる範囲で書いておきます。

一般的な道着の素材は綿です。メンデス兄弟が着ている道着も綿です。ちなみに私の好きな食べ物は麺です。

すみません、横道にそれました。

麻は綿よりも強度があって、育てるために農薬や潅水の必要がありません。

綿を育てるためにはかなり農薬や水が必要で環境汚染が問題となっています。

ひどいところではアラル海という大きな湖が綿栽培のために水を使いすぎて消えてしまった話があります。

麻はかなり厳しい環境でも容易に育ち環境にやさしい素材として注目されています。

バクテリアによる汚染を防ぎます。夏の暑い時期に汗をかいてほうっておいても臭くならなかったというレビューのコメントがありました。

日本でも古来、魔除けとして麻はつかわれていました。

あと、通気性があるので夏でもさっぱりしているのもいいですね。

難点としては縮みやすいこと、綿よりも値段が高いということがあります。

麻100%の柔術衣はいまのところ私が知っている範囲で三社あります。いずれも日本での販売をしているとはきいていません。

おそらく一番最初に販売を開始したのが「DATSUSARA」です。日本語の「脱サラ」からきています。

Combat Gi, Men's (HCG-07)

その他に二つあります。

Flow Kimono

Hemp Series

Green GI

http://thegreengi.com/product/blue-dream/

以上、三つとも実物はみたことがありませんのでなんともいえません。

どれもシンプルなデザインでいい感じだと思います。

麻70%綿30%の素材を使ったHemp Sensationという柔術衣がSubmission Fight Companyから出ています。こちらはたまにyoutubeの動画で着ているを見かけます。

http://www.submissionfc.com/bjj-gikimonos/submission-hemp-sensation-gi-detail

こちらはブルテリアさんでも販売されてます。

http://www.b-j-j.com/2290_8942.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中